ユキちゃん一覧

なんやかや、

と、忙しいです。

レカロシートは新しいのにしようと思ったが節約のため移植。酷く汚れていたが、エアーで吹くと割と綺麗になった。シュポシュポで血圧も計れます。

腰痛持ちには必須のレカロですが作業で腰痛になりそう。

後部座席は取り外します。現行型はシートベルトもちゃんとしたのが付いています。

当然外しますが、何かに使えませんでしょうか?

注文していたエアヒーター。中国製より部品量は倍以上ある。

今回のルーフベントは小さめ。取り付けが手間なので安物を買うとすぐに劣化して往生しまっせ!

ユキちゃんは昨夜、鼻腔内の腫瘍から大出血。部屋中に血を飛ばすのでベランダに出して新聞紙を敷いた。止血剤を飲ませたら1時間ほどで治まった。

血とハナの他に、出来物と思われる身も確認できた。死んでもいいから全部出してくれると全快するかも。

ベランダと窓が血だらけになる。本犬は食欲もありいたって元気です。

本日送られてきたYチェアはバラバラになった。

ホゾはこのように加工されています。あまりに酷い。組み立て現場が加工するのか?上層部は把握しているのか?謎です。


それでも大切。

ここ3日ばかり雑用に追われて仕事をしていない。

昨日午前、豪雨の中またバカ犬を動物病院に連れてゆく。鼻の調子が悪い。案の定、病院は空いていた。

まあ、もう対処療法でごまかすしかないようです。

デスクの脚部に飾りの切り取りを入れて良かった。

このように活用して頂いております。


またまた動物病院へ

ユキちゃんがまた鼻をグズグズいわせて、鼻血が時々出るようになった。鼻腔のポリープ再発か?去年の手術から半年しか経ってない。

世話焼けるな。6時起きで散歩を済ませて、7時に出発。

レントゲンを撮って、造影剤を注入してCT検査。

お昼は当然香川のうどん。

引き取りの時間まで温泉に入ったりした。

診断は、はっきりしないが、またポリープだろうとの事。料金は¥12万。さらりと言われても、しがない木工業では月収はそれを下回る事も多い。人間のCTは保険を使わなくても¥4万くらいです。何でもレアな事例は高くなるのだろうか?

帰りは夜の大雨の高速で前が良く見えません。帰り着いたのは20:30。消耗した。

ユキちゃん、申し訳ないけど高度医療は止めにして、悪くなったら死んでもらおう。今は消炎鎮痛剤で落ち着いています。CT、必要だったんですか?


犬と暮らす。

夕方SUPトレーニング。まだトランクス一丁でOKでした。

手術の後、たいそう元気になったユキちゃん。しかし、このひと月抜け毛が激しい。朝晩、ブラッシングと床の掃除をしても追い付きません。

果物や寿司を食べるときは手に毛が付いてないか確認しますが、やっぱり付いてる。

左奥はちびるのでオムツ。これも朝晩取り替えます。手間暇かかる割には心の通じない犬ではある。


年長組と立ち話

本日は日中も涼しかった。

数日前の事、夕方の散歩で小学校の校庭の前に救急車が止まっていた。覗くと男の子が頭に包帯をグルグル巻きにされていた。表情までは見えず。隊員も切迫した様子はなく、まあポールの角にでもぶつけたのかと思って通り過ぎた。

一昨日、同じ場所を通ると、ちっちゃい自転車に乗った、年長組らしい3人娘が「犬、触ってもいいですか?」「いいけど、優しくね。」

「この前、あそこの白い犬に耳を噛まれた人がいます。」「おお!だから救急車が止まっていたのか。」思わずチビ達と立ち話。

面白かったのは、そこでは白い柴の成犬と仔犬を飼っているのですが、
「大きいのと小さいのどっちが噛んだ?」「中くらいの。」確かに成犬は中くらいと言えるのですが、こちらの質問にまだ対応出来ないようです。AIに負けるぞ。

噛み癖のある犬でもないので、恐らく犬の機嫌も考えずに抱き付いたりしたのでしょう。

しかし、この場合、飼い主の責任はどうなるんじゃろ?

飼い主の敷地内に繋がれていたが、柵はなく、道路に大きく開かれている。道路の反対側には校庭があり小学生の往来は多い・・・・法律上は分からないが、何か対策を取っていた方が無難であることは間違いない。

前の犬、モモちゃんは親爺が散歩に連れている時、近所の悪ガキに頭をポンポンされてじっと耐えていたので、すっかり子供が嫌いになった。俺ならそいつの頭をバンバン叩いて「どうや、気持ちいいか?」と言ってやるのだが。

チビの3人娘は可愛かったが、すでにオバサンくさかった気もする。


乗り合いで?

総理の組閣の挨拶はまるで小学生の作文でしたね。1分しか見てないけど。国民をバカにしとんのか、そんなんで丸く収まるのなら世話はない。

当ブログにも何度か登場した、近所のシェパードミックス・ベル君が9歳で亡くなった。1週間前から調子悪く、脳の病気という。水曜にナデナデしてあげて、2時間後に旅立ったという。昨日様子を見に行ったらもう骨になっていた。鼻の周りが黒くて、煙突から侵入したコソ泥みたいでしたが、良い犬でした。

入野松原のIKちゃんから昨日電話があって、愛犬のボーダーコリーも亡くなったそうです。こちらは天寿を全うした。サーファーらしく「矢張り引き潮で逝ってしまいました。」

それが偶然なのか、2匹とも12日の17:30頃逝ったそうです。高知は過疎で便数も少ないので、同じ列車で乗り合わせて旅立ったのでしょうか。


犬用ライフジャケット

今日はよく働いた。フゥ~。

ユキちゃんはもう若くないし、増水した折に土座衛門になっても困るので、ライフジャケットを用意した。人間用より造りが良い上にお高い。何でもそうじゃな。

俺が土座衛門になって犬が生き残っても不憫ですけど。


ユキちゃんとエリーゼ

6回も高松往復した際、重心の高いスーパーロングは苦痛でした。まあ、高速を走る際、眺めは良い。エリーゼは何も見えない。

一度朝の散歩のときエリーゼにユキちゃんを乗せて試走してみた。勝賀瀬地区に停めて散歩。何と田んぼに突入!鼻と足が泥だらけに。そういう事もあろうかと、助手席にベットパッドを敷いていた。載せると車中暴れまわって車内は泥んこに。ヒィ~!ゲージに入れたら狭い車内に載らん。

昨日は安芸の獣医さんでユキちゃんの術後の血液検査。車も使わんと勿体ないと思い、載せてドライブ。

シート高はフロアから先端で10cm、着座部分で5cm。なのでライフジャケット2枚を敷いてフラットにした。

ギアチェンジの邪魔にはなるが割とお利口にしていた。ジャンクションのループを飛ばすとズッて来るので、片手で押さえながらアクセルを踏む。

動物病院の車止めは低いタイプで良かった。隙間は10㎜。

雨漏りはなかった。


日常が大切

中々仕事が片付かないので土日も仕事をしていた。心身ともに良くない。

何でもないような日常が戻りました。散歩の時間は朝夕で1時間弱。ない方が楽だけど、そんなに苦になりません。犬を飼っていればしようがないルーティーン。

それに若かったら気が付かなかった発見もあります。

ここは琴平神社の参道ですが、ご近所様が鉢植えを置いている。そんで石段の隙間にも種を落とすのは毎度のことです。


ユキちゃん大復活!

本日、鼻のポリープを切除したユキちゃんを回収に四国動物医療センターに出掛けました。

腐った鯖のようだった目が輝いている!エアコンをかけた車の中で、久々に口を閉じて呼吸する姿を見た。

巨大なポリープ。手術の写真もあるがUPするのは止めておこう。上顎を切開して取り出しています。アメリカの資格も持つ専門医による執刀。まあ、今はCTの画像や内視鏡とか便利なものがあるからな。

いきなり食欲も出てカツオのアラをガツガツ食べた。今まで余程うるさかったのであろう。もっと早くに処置すれば良かったぞなもし。歯も綺麗にしてもらった。

途中のいりこの島「伊吹島」。

ア~、片道150キロ、高速使って2時間の距離を6往復しました。1800キロですよ。お代は高額過ぎて言えん。前回の手術ではカードが使えたが、今回は枠が満杯で使えませんでした。でも相棒の健康には代え難い。

今晩はうるさいイビキを聞かずに眠れそうです。まあ、寝たら俺の方がうるさいかも。