植物・自然一覧

ハエトリグモ

いの町も強風域に入って来て、結構吹いています。心配ですね。

洗面にいた蜘蛛。こちらでは地蜘蛛などと呼びます。

この目は動かないそうです。でも、精度はすごぶる良いらしい。

よく見るとサイドにも付いています。

小さいから可愛いけど、大きいと困るな。

*風強いぞ!この台風洒落にならんかもしれん。


石鎚山の動植物

昨日鍼灸院に行ったら怠くて半日寝ていた。

先日の石鎚山です。トリカブトと思っていたら葉っぱが違うような。食べてみる?

落ちていた種子からモミと思われます。原木市場にもモミやツガは出るのですが大変安い。扱いにくいのだろうか?

ヒメシャラ。このように樹皮が薄いものは裸木と呼ばれます。材にしたら捻じれて割れて使えないと思います。

ブナと思われます。

美味そうだったので一枚採って国民宿舎の板さんに鑑定してもらいましたが毒とのこと。

大きくなったらこうなるのか?

白いのもいました。

本日の主役。従弟が木の根の下で発見。どうやらカスミサンショウウオの亜種?でイシヅチサンショウウオらしいが、詳しく調べてない。体長は20センチくらいあった。

かなり気持ち悪かったが頭部は可愛い。干して粉にして酒で飲んだら性がつくかも。

影の主役。大ナメクジ?断面が四角い。絶対生で食べないように。死にます。

モズのようです。極めて俊敏。

山はもう秋の兆しが。


笹倉湿原(さぞう)

スエーデンの娘っ子は中々言うな~。本当は大人が言わなきゃいけないんですけど。

Dsc_6454

石鎚スカイラインを下って標高1070mから1390mにある笹倉湿原を目指します。何だ、たった320mの標高差だったのか。

Dsc_6457

最初は林道跡を進みます。従弟はスマホのみ。俺は短パンにランニングにカメラ。あちこち水浸しです。

Dsc_6464

この方は靴が濡れないように歩いていましたがここで終了。

Dsc_6467

登山道に入るとヒメシャラの木がぼつぼつありました。

Dsc_6472

根っこが階段がわりになって便利。

Dsc_6513

道は分かりにくいのですが所々目印のテープが。

Dsc_6476

美しい流れ。

Dsc_6466

杉苔?

Dsc_6514

水が冷たすぎて足が痺れて動かないと都会っ子が言う。  軟弱やな・・・・

Dsc_6528

と思っていたら、俺の靴も水没したら確かに冷たかった。

Dsc_6527

犬は大丈夫のようです。

Dsc_6496

ツワブキの葉っぱで水分補給。

Dsc_6531

何処までも水路を進みます。

Dsc_6539

やっと着いた神の庭。

2

本来はこういう状態なのですが、(SO9様のブログから無断拝借)

Dsc_6542

完全に水没していた。

Dsc_6551

可哀想にスニーカーではきつかったか。往復3時間の行程でした。俺の膝はこれが限界じゃな。あまり下りがきつくて長いとまた水が溜まるぞなもし。

笹倉湿原、道が分かりにくく山歩きになれた人でないと困難かも。まあ、私もネットで見ただけでしたけど。景観は変化に富んで楽しい。また訪ねてみたい所でした。

このように苔がモコモコしたところは、笹ヶ峰付近の縦走路にもありました。45年前の話ですけど。

 

 

  


蛾の撮影

ここ数日は、エアコンを入れなくても昼飯が食べられます。夜は毛布でないと寒い。

Dsc_4988

本日は恒例になった「しもなのアートキャンプ」での蛾の撮影です。

Dsc_4967

カゲロウもいます。

Dsc_4993

妙にとまった壁と質感が合っている。

Dsc_4982

羽の根元にロバの耳のような突起があります。

Dsc_4912

今回どうも撮影が巧くいかなかった。本格的に撮影するにはレンズの前に付けるリング状のストロボが必要だろう。

Dsc_4859

水墨画調。おまけ付き。

Dsc_4965

形状・模様共に現代的です。

Dsc_4916

頭部がないようなデザイン。

Dsc_4955_20190921173901

モフモフタイプ。

Dsc_4932

可愛いと見るか、気持ち悪いか、感性の問題です。下に降りた触角が修道女のようでもある。

でも等身大で隣で寝ていたらやっぱり気持ち悪いな。鱗粉で咳しそう。

「動くんじゃねーよ!鱗粉が飛ぶだろうが。」

「旦さん、そんな殺生な事、言わんといておくれやす。」

大きくて非常に美しいのもいましたがジッとしておらず撮影出来ず。割合、毎年種類は同じように感じました。

 


耕す猪

Dsc_6241

裏山沿いの散歩道。いつもここで大地震が起きたらどうしようと思います。石垣とレンガ塀が双方から崩れてきたら。「トォー!」って飛び上がるほどの体力はもうない。

Dsc_6245

写真では分かりにくいのですが、猪が盛んに掘り返しています。

Dsc_6246

塾長によると山に食べ物がない時期だそうです。

Dsc_6247

一抱えもある岩も動かしている。

Dsc_6251

夜明け前に来るようで、ここは多分1時間も経ってなく、生々しい。

Dsc_6254

コンクリートとフェンスの隙間も掘り返している。先日、ここで狸を見た。

Dsc_6244

おまけにシジミ蝶。

Dsc_6236

名前は知らぬが沢山生えている。


秋の入道雲

本日は34℃。勘弁してほしい。

Dsc_4764

朝から県東部の奈半利町に向かいました。有料の高速を使わずに行ったら、やっぱし時間はかかるな。

Dsc_4766

車を動かすとヒーヒー鳴くので仕方なく。

Dsc_4772

改装中の『ホテルなはり』にモビールを設置。

Dsc_4776_20190903174001

蒲鉾型の天井高は6mあり、伸縮の梯子で金具を取り付けようとしたら揺れるので若い者にお願いしました。もう無理は出来ん。

Dsc_4778

版画もいい感じに納まりました。

Dsc_4774

犬同伴の職人は非常識かもしれませんが、もうどうでもいいのだ。

Dsc_4784

帰りに今日の雲が素敵に映った。

Dsc_4783

なんか吸い込まれそう。

Dsc_4782

もう一枚!

Dsc_4793

わざわざ国道から逸れて雲を撮影しながら帰りました。

Dsc_4791_20190903175201

運転しながらデカいカメラで撮るのは非常に危険。

Dsc_4800

入道雲は猛々しい時は一瞬なのでシャッターチャンスが大事です。

でもやっぱり真夏の入道様とは少し違います。

往復150キロは入野松原より近いのですが、どうも流れが悪く時間はもっとかかります。

昨日、鍼灸院だったせいか非常に消耗しました。


接近

フェーン現象というやつか、本日いの町37℃を記録した。

朝から妙な風も吹いた。鳴り物入りでやって来る台風は大した被害をもたらさないけど、今度のは超大型。どうなるかな?

Dsc_5643

近所のさいな川。川というより溝。生活排水が殆ど流れ込まなくなったおかげでかなり綺麗。

水草はバイカモでしょうか、白い花が長いこと楽しめます。夕方の散歩ではユキちゃんがジャブジャブ歩きながら水を飲みます。


ユリ

居間のエアコンは容量が少なく、夕方になるとやっと本来の温度をキープ出来ます。完全に夏に負けています。

Dsc_5867

ぼんやりしていると庭のユリ達もすっかり盛りを過ぎていました。

Dsc_5868

これはユリではなく、キスゲの一種と思われます。ググってみるとその分類は中々難しい。

Dsc_5871

一番美しく咲いていたユウスゲは既に見る影もなかった。すまん。

Dsc_5870

狐のカミソリもユリではなく「ヒガンバナ科」だそうです。でも、クロンキスト体系ではユリ科だそうです。

Dsc_5874

桔梗も最後の一輪。上の花弁はシワシワになってる。

また来年会いましょう。

 


イシクラゲの駆除

仕事場はエアコンを入れたが朝夕は必要ない。

Dsc_5770

MOMAパドルの看板を製作中。

幅400くらいの加工で、スピード400/S・出力80%。毎回の横への移動距離は0.05ミリ。ざっと1時間半かかります。このようなどうでもいい加工は移動距離0.1ミリで良かったな。半分の時間で済みます。

加工中は火災の発生する恐れがあるので機械についていなくてはなりません・・・・と言ってもずっとは無理。一応異常に温度が上がると回転灯が点灯しますけど、電話はしてくれません。

Dsc_5771

ほんで、レーザー加工機を置いている展示場の周りのイシクラゲの除去をしてみた。

ネットで調べると駆除剤や酢が効くとか出ていますが、乾いていたら手でペロペロめくれるやん!引っ付いて来る小石を除くのが少し面倒ですけど。

Dsc_5775

ドッサリ採れた。お浸し1年分あるな。捨てるのは少し勿体ない。あ!忘れていました、コメントには書きましたが『何と食べられるそうです。』ネットには沢山レシピが載っています。

除去剤や酢は高額ですし、結局手で始末しなくてはいけません。乾いたときに剥がすのが簡単でした。

残った小っちゃい奴が今後どれだけ増殖するか興味があるな。

 


滑る

イージスアショア(3000億×2)やらF35(150億×42機)高っかいオモチャですね。イージスは当てにならないし、F35はポンコツなんて言われている。そもそも武器は・・・・って何でもそうでしょうけどバージョンUPしないといけないんですね。

結局、頂点に金が回ってアベちゃんもおこぼれを頂戴する。支払うのは下々の者たちっていう2極化の構図です。

Dsc_5747

例のごとく、ここからはスケールダウンします。

昔は見なかった苔?画像検索するもヒットせず。

Dsc_5754

本日はやや乾いていますが海藻に近い感じ。日当たりの良い公園にもはびこっています。歩くとバナナの皮より滑ります。何か見た目も良くありません。

しかし、案外ワカメより美味しいかも。貯金は2000万もないから困ったら食べてみよう。