SUPウッドパドル一覧

パドル・インプレッション

本日は海に行こうか、どうしようかな~。と思いつつ家で書物などを紐解いて過ごしました。まあ、いいんではないでしょうか。

先日SUPパドルを注文してくれた杉並区のお客様が画像を送ってくれました。湘南の方かしら?「海岸」「鳥居」で画像検索したら一発で出て来ました。大洗なんですね。

「今日晴れたので早速デビューしてきました!仰る通りしなりがとても自然で、クルージングでの速度の維持がとても楽でした。シャフトの径も完全に私好みでしたし、グリップの形も押していくのにマッチしてとても気に入りました!これからメインのパドルとして活躍してくれると思います!ありがとうございました!」

この方は、レースボード使用で長身なので長さ205cmを!と言うので苦労しました。シャフトも特に太くしたので重さが750g程になってしまいましたが、他人と競うのでなければ気にならないと思います。ほめ過ぎとは思いますが。

SUPウッドパドルはオーダーが5本くらいにならないと制作しないのでよろしくお願いします。


SUPウッドパドルの試運転

本日は晴れたので夕方パドルのテストをした。しかし、朝は4℃であった。

第1乗船地点に近付くユキちゃん。近付くほどに動作はノロノロになります。厭なんだろう。

SSサイズのパドル面は全く問題がなかった。抵抗の少ないレースボードたとむしろ速いように感じます。

冬場は水量が少ないので、瀬を担いで上がるのにサンダルは欠かせません。

下船ポイントで・・・・・もう寒いだろうな。iPhoneで撮影しています。

「やっぱり寒いぞ!」その後、対岸で勝手に散歩。

なかなか美しい。水も澄んでいて4mほどの川底まで見えます。

何故か帰りは後ろに乗るバカ犬。バランスが取りずらいです。

犬連れだとトレーニングにはなりません。でもいないと寂しい。夕方の散歩をしなくてもいいし。


ウッドパドルの梱包

今日は夕方も寒い。薪ストーブに点火したくなる。

来年からは誰もが花見の事を「桜を見る会」と呼ぶでしょう。

SUPパドルはサイズオーバーなので宅急便は受け付けてくれず、家財宅急便では6千円もかかって往生していた。郵便局にスキー宅急便があり、ググってみるとクロネコでも取り扱っていた。

まず、デリケートなブレードを保護します。

プチプチを細く切って巻く。

スキー板風に段ボールでサンドウィッチして、モノタロウで買ったストレッチフィルムを巻く。300mで1300円とリーズナブルです。中身が分からないよう黒にしたけど、透明でも良かったな。

2セット3本梱包終了。何事も経験ですね。後は受け付けてくれるかどうか?


SUPウッドパドル出来

寒いので海にも行かずダラダラしていた。体調も今一。

拭き漆の5回塗りが終わった。実用品なのでこれ以上は回を重ねません。

なかなかカッチョイイぞ。

今回は特注品を除いて、パドル面はSSサイズの極小とした。ショップの山本さんがBlack Projectの極小サイズを使っていて、借りたらこれで十分と思ったからだ。シャフトへの負担も少なくなるだろう。いや、その分速く漕ぐから結局は一緒か?肩を痛めている塾長からもリクエストがあった。(本来、SSサイズはレースで向かい風の時ピッチで漕ぐものらしい。)

明日にでもテストしてみよう。


今日もSUPパドルの製作

本日も普通の一日でした。コロナ対策としては理想の職業。

パームグリップの削り込みに印をつけますがこの定規では困難。

旋盤で1分で製作。前にも作っていたけどきちんと保管できてない。形状は回を追うごとに美しくなります。

トップベントの曲木。2分も加熱すればよい。時間より蒸気が逃げないようにアルミホイルを巻く事が重要。

以前は手曲げしていたが今回より型を製作。多少なりとも進化する。

5本の木地完成!一本は自分用です。

一回目の拭き漆まで進んだ。


倣い加工機・アドバンス

夕方、今季初の裏山登山。Tシャツ・短パンで汗かいた。山小屋の主Nさんによると今年の紅葉は何処もパッとしないとに事。

アドバンスは精度が高いので分解した横軸を組むのに往生します。

パドル面が大分小さくなってきたので、本来は型を少し修正しなけれななりませんが・・・・

6本の加工完了。首の部分はベルトサンダーで追い込みます。

右はアートキャンプで盆を刳った。勿体ないので新たにバキュームプレートを製作した。

今度はグリップの加工。

この後、回転させて裏側を加工します。

何かに付属していた水準器で十分。

忘れていたが、バンドソーで荒取りすると刃物の負担は少なくなります。

痴呆が進行していますが、3回やると段取りは覚えられますね。こればっかりやっていると相当な域に達すると思うのですが。そんなに注文ないしな。


SUPウッドパドルの製作

大分暖かくなってきて、風呂上りには扇風機が欠かせません。本日も短パン・Tシャツで作業した。明日からはちょっと冷えそう。

パドルの注文がたまったので制作を開始。最低でも5本を一遍に作らないと採算が合いません。

こんな便利な治具を作っていたことさえ忘れていました。しかし、兼房の半円の刃物・直径25と27で¥4万。ハタガネ多数¥3万。全く元がとれていません。まあ、無理じゃろうな。どうせ趣味だからいいか。

こうやって一カ所仮止めして、バンバン締めてゆきます。サネは入れてないが、今のところこの部分の接着が剥がれた事例はない。案外丈夫なもんですね。


意外に良い波

土曜日は湘南からのお客様が来てSUPパドル、ご夫婦で2本お買い上げになった。ぼつぼつ売れてます。

もう、朝一から入野松原へ行く元気がないので、夕方到着。夕げの買い出しをしたらもう入るには遅すぎた。

ユキちゃんと一杯やるの図。

ラジオが有難い。

お刺身の1/3はユキちゃんが食べてしまう。ワサビがないけど。

中華製エアヒーター、暖まったと思ったらすぐ「エラー5」という表示が出てストップ。再起動しても同じ。やっぱ中華製は失敗だったか・・・・・室内の空気の取り込み口が服とウエットスーツで塞がれていた。朝まで快適でした。この液晶は点きっ放しなので常夜灯になります。

そして朝~!6:40。

もう一枚。

朝一はスゲー良い波。ユキちゃんの散歩を簡素にして速攻で入りました。ほぼ貸し切り状態でした。ローカルは弱虫なので寒くて出て来ません。冷え性なので途中でブーツを履く。

7時から11時までロングとSUPをやった。昨日までは体調が悪かったのですが、勝手なものですね。

湘南からのお客様は3時の飛行機とか。今度はもっとゆっくり来てください。

それにしても海は空いていた。そして水が綺麗!透明でテイクオフしたらフェイスのラインが読み辛い程でした。


海で引き渡し

今朝は20℃。散歩はTシャツでは寒かった。でもこのまま秋に突入するわけではないだろう。

Dsc_4664

ウッドパドルの納品のためにO海岸に向かう。9:30でもこの気温。窓を全開にすると少し寒い。

Dsc_4666

割合いい波でお客様と一緒にロングとSUPを3時間近くやる。パドルは上々とのこと。

オムスビ一個しか持ってこなかったので腹が減った。

Dsc_4674

帰りの峠道ではねられた子狸に群がるカラス。肛門周辺から食べられていた。

Dsc_4675

帰りもエアコンは必要なく、例のごとく遠回りして帰って来た。


太いシャフト

色々あって中々作業に集中出来ません。しかし、国内海外酷いニュースばかりですね。

Dsc_6087

特注のシャフト径27×30ミリのパドルを製作中。兼房に刃物を注文したら2万だったので儲けはない。後々注文があるかどうか?

Dsc_6088

改造したハタガネは流石に使い勝手は上々。これも元が取れるのかな?

Dsc_6084

倣い加工機の精度は申し分ありませんが、遊びがなくなった分、分解・組み立ては困難になりました。

Dsc_6085

ついでに来月のアートキャンプの課題をやってみようとしたけど、今やっても忘れてしまうので止めました。通い盆を作らせるのですが、機械の精度が上がったので、如何にも機械でやったような仕上がりになるかもしれませんね。まあ、力加減で演出出来るかも。

Dsc_6090

一回目の漆を塗った直後。

Dsc_6091

この時期は1時間もすれば乾いて茶褐色に変化します。