木工家専用一覧

幅広板の平面出し

夕方やっと雨が上がった。

本日は木工家専用です。

今回ブックマッチングで使うケヤキ。幅470×2000。

僅かに反っていますが、どうやって基準面を出そうか?500の自動鉋に通らない場合は、片側電動カンナで横擦りして大体の平面を出して工場に持ち込みます。

ルーターで治具を作って平面を出しても良かったが、かったるいし鉋盤に通るので・・・・・

倉庫に2寸角のヒノキがあった。横切盤を定盤とする。

メルトガンとクサビを用意。

隙間に接着してゆきます。

腹に当たると痛いのでジグソーで切る。

柱の反対側(裏)も数カ所止めておくと落っこちない。

この状態で自動鉋へ。慎重に1mmずつ極低速で削ります。たわむ可能性と集塵が詰まるから。しかし、往復するのに一人で持てる限界の重さ。そういう意味ではルーターを使った方が楽。

7/24日追記 こんなクソ重い物を動かす場合は、加工が済んだら一旦定盤を下げて材料を押し戻し、再セットするのが良いと今気が付きました。

平面が出たら反対側も。革スキなどで簡単に外れます。

ほぼ完ぺき。桑原の自動鉋は幅一杯でもスムーズです。でも最後は引っ張ったりもする。

接着後サンディングまで進む。

やっぱいいもんだなブックマッチングのテーブル板。注文はないんですけど。まだ一組あるのでどなたかオーダーしてください。


オイル仕上げは、

少し暖かくなって来ましたか?

第二弾の張り替えが到着。予定よりも2脚多い。ブラックの主はリフォーム中で3ヶ月ほど預かります。時々あります。当然保管料は頂きます。

長いことやって来ましたがブラック塗装の故障は極めて少ないです。クリアー塗装も少ないです。故障はほぼ木地と言えるソープ仕上げのもの。石鹸で洗ってそのまま浸み込ませます。

ブラック塗装は塗膜が厚く、木地を覆います。湿度に対して木の動きは少ないのが壊れない原因と思われます。塗装には手間が掛かりますが、メーカーの利点としては強度に問題がないけれどシミや変色のある材が使えます。

オイル仕上げは木の呼吸を妨げないなどと言われますが、デパートなどで個展をすると木口から急激に乾いて割れることがあります。一方、樹脂を染み込ませている拭き漆はまだ割れたことはありません。

もうデパートで展示することはないと思いますが、その際は木口に養生テープを張っておくと良いでしょう。

接合部分は膨張と収縮を繰り返すことによって接着剤も切れて来ます。ホゾのオスに十分な乾燥と木殺しが出来ていれば長年耐えると思いますが、Yチェアはそこまでの処理はしていません。仕上げも最低限です。チャイニーズチェアーの1/5の価格帯の普及品です。

いずれにしろオイル仕上げは塗装も楽だし、木地の自然な感じを楽しめますが、耐久性とか強度には問題ありです。


大晦日まで、

怠けていた分を取り戻さなければならないのでずっと仕事です。

現在せっせとテレビの録画をしています。正月はNHKでさえもクソ下らん番組ばかりで困りますもの。

残す部分に印をする。

やっぱり便利な両テーブルスライド。

この後、糸鋸で切断。(ここから先日のブログに続きます。)

レーザー加工機がなくても何とかなりますが時間はかかる。板幅の伸縮は平気で0.5㎜以上ありますので、置き場所によっては全く篏合が合わなくなります。材自体も通しであれば全く問題ないのですが、板目柾目をある程度揃えてないと泣きを見ます。

板厚は10㎜なので大径材を使わないと反って何ともなりません。


振出しに戻る

昨日、今朝と氷点下。結氷を確認。

九分九厘まで出来上がっていたテーブルだが・・・・・・

最初の漆で接着剤の残りが確認できた。

使用したボンドはこれ。加熱曲げに試用してみたのだが、結果は×。耐熱性が高いと書いてあったが、PIボンドより遥かに劣る。オープンタイムが長いので今回の組手には良いかと。

2回、3回と漆をかけるとボンドの拭き残しがあらわになる白ボンドより良いと最初は思った。しかし、きっちりサンディングしても出た!

紫外線ライトでボンドが除去されたことを確認しても出ます。

3度目は天板も鉋を使って削り落とした。

でもダメだった。遠目には確認できませんがお客様には出せません。気を取り直して新たに2台制作することに。

タイトボンドは低粘度ですので含浸するのでしょう。溶剤で拭いてもダメでした。実験したらゴリラグルや他のアメリカ製のボンドも同じような傾向が見られました。漆は想定していないのでしょう。ただ、接着の時に完全に水拭きすれば問題ないようです。

私は接着時間に余裕がない時は水拭きはしません。強度も多少落ちると思うし、ブラシでこすると実は広範囲に飛散っていていることがあります。

再制作は進んでいます。僅かな改良も加えて失敗は無駄にはなりませんが、この歳になって勉強はもう嫌。


面取り

エアコンの中で仕事をするのも結構辛い。

李朝文机の注文。天板との接合は最近ビスケットでやっていたがお客様はホゾを希望した。ちょびっと面倒。

面取り後。今回は全面反り台鉋等の刃物で仕上げます。

before

after

before

after

まだ面取りが終わったわけではないのですが、木が製品になって行く過程が分かると思います。

木を製品にしないと、一杯並べたら気持ち悪くなるんですね。


危険なルーター加工

高知県地方、日中は暑いですが朝晩は過ごし易い。

菅ちゃんの答弁をチラッと見ましたが、記者の質問に全く答えてない。特高や中国の警察でやったら間違いなく殺されると思います。これで青少年の健全な育成は可能なのだろうか?真逆だと思うんですけど。

座椅子の脚部分の曲面をオーバーヘッドルーターで倣い加工することにした。8個あるから。でも加工幅は45㎜もあります。

16㎜軸で直径が50くらいある刃物。見るからに恐ろしい。回転を500まで落としたら切れ味は悪かった。

センターピンを差し込む穴。

3種試してみたが、下のスパイラルビットが一番スムーズでした。しかし形状から言って面を取るビットではないように思います。

定盤上にもう一つ支点となるピンを立てるとか、倣い加工プレートを延長してスムーズに入れるようにするとか工夫が必要だと思います。

恐ろしいので加工ポイントから離れた場所を保持するので余計に危険。

8個ぐらいなら指を飛ばすよりはベルトサンダーで地味に仕上げた方が良いとは思う。別に手作り木工なので形は適当でよいし。


シェル座椅子

雨降りだったので仕事をした。夕方川SUP。

前回作って自分で使っていた座椅子は、酔っぱらってドカンと座り込んだら座と背もたれの接合が外れました。本来より数ミリ薄いので柔らかい栗ではもたなかったようです。それに椅子より衝撃はダイレクトに来ます。

自分で使うのだからと木ネジで修理しましたが、ここは木ネジでは無理でした。一脚納めたお客さんの分も交換します。

シェルタイプの固定治具。改良すべきか。

接合面の平面を出します。

接着。

脚の底面は同一平面には中々なりません。幅400の手押し鉋盤があれば簡単なのですが、どうしようかな?横切り盤で・・・・・・

厚ければ電動カンナで、その後手鉋で平面を出します。

一回目の拭き漆完了。

高さも20㎜上げました。高くするほど腰への負担は少なくなります。


コーヒーテーブル?

よう仕事してます。

小さなテーブルを製作中。高さ650。仮組して全体の様子を見る。

こういうテーブル、何と呼ぶ?ググってみると「ビストロテーブル」。逆にその名で画像検索すると折り畳み式の簡易なものが多い。「カフェテーブル」というのもあった。

山桜指定で製作。強靭な材なので脚は細くしてヒットした場合の接合部への負担を減らします。ここにホゾを作るよりビスケット2枚の方が強度が出ると思います。

仮組してみる。

接着剤を塗る部分はマスキングして溝等を先に塗装します。

治具を作って、隅木を接着。乾いてから木ネジで止めます。こうするとズレたりしません。

天板は収縮を考えてフローティング式です。ボール紙で4辺の隙間を均一にしてから・・・・・

竹釘を熱し、フライパンで炒るのが良いとか、

センターを止めます。

1回目の塗りが終わったところ。仕事が途切れないのは有難いことですが、仕事して酒飲んで寝るだけの人生もちと寂しい。


四方転び

本日は眼科に行った帰りに「クラフト吉川」でランチを頂く。普段誰にも会わない仕事なので、会話すると酷く疲れます。

貫のホゾ穴は深穴なのでいつもながら緊張します。軸径12,刃径9,片刃で丈夫に作ってあるビット。やればどうってことないのですが、始めるまでが億劫です。

四方転びでホゾも長いのである程度緩くないと組めません。貫は徐々に締めて行かないとホゾ先が壊れます。

おお!計算通りじゃ。でも、解体するのも一苦労です。脚を引き抜きながら、貫も緩めなければなりません。

接合部分は後で修正が少ないようなるべくピッタリにしました。

前後・左右の貫は高さがうんと違う方がカッコいいのですが、強度的にはこの位が妥当か。

通常のホゾとは逆で、このように隙間がないと入ってゆきません。厚みはピッタリで接着剤で強度を出します。

誰も注目しないところに凝るのがこの道の極意・・・・かどうか?


シェルチェアーの製作

今日は天気も悪かったし働いた。

シェルチェアー6脚の制作をしています。

座と背を接合。以前、木工家の方からどうやって最初に固定するのか聞かれました。鋭い質問ですね。「寝ている間に小人が・・・・・。」と答えておきました。

補強の契りはレーザー加工機で。前のデータがあるから簡単です。

脚はこの形状ですから時間がかかります。つばの部分はスキューチゼルで加工しないとボロボロになってしまいます。

後は小刀やサンダーで整えます。

若干のバラツキがあるので調整しながら組み合わせます。前回はエンファシスの脚形状でしたが、テレスコピック型に戻しました。バカっぽくて良い。

で、手間かけてどうなんですか?と言われれば返事のしようがないが、こういう一見無駄な事の積み重ねが大事なんです!・・・・・そうでもないことも多いが。ボケ防止にはなると思います。